ABOUT ME

はじめまして。

アーユルヴェーダセラピスト&アドバイザーのReikoです。


20代でセラピストとして活動し、

出産を機に退職。

臨月のときに夫が肺がんと宣告され、

娘が生後4か月のときに夫は他界しました。


セラピスト復帰を断念し、周りの勧めもあり看護師となることを決意。


30代で免許を取得し急性期病院にて勤務しましたが、徐々に心身ともに疲弊。

自分の進む道はこれでよいのか模索するうちに、名前だけは知っていたアーユルヴェーダと再び出会い、その哲学や理論に感銘を受け、少しずつアーユルヴェーダを生活に取り入れ始めました。


そうしてわたしは自分と向き合うことで、改めて「わたし自身」を知ることになります。



夫を失ってからの10年は、世間からこう見られたいという「私」であって、ほんとうの「わたし」ではありませんでした。


「夫と死別した妻」であり「ひとり親」なのだから、頑張って当然なのだと自分に課して、ただやみくもに走っていました。


看護に携わることは大好きでしたが、マルチタスクやスピードを求められる急性期病院での勤務は、わたしの性質には合っていなかったのだと思います。

それを見て見ぬふりをして走り続けていました。


生きられなかった夫のため、娘に不自由な思いをさせないため。


でも「わたし」は何のために、この肉体を持って生まれたのか。

もともとどんな性質だったのか、何が好きで、どんなことをしたいと思っていたのか。



やっぱりわたしは、セラピストとして、たくさんの方と触れあい、つながりたい。



アーユルヴェーダはそのことをわたしに思い出させてくれました。

こうあるべきだという「私」から、ようやく「わたし」にたどり着いたと感じています。



遠回りしたけれど、看護師として婦人科・乳腺外科を主とする病棟で勤務し、多くの女性と関わった経験は、アーユルヴェーダで学んだ女性性の重要性と一本の糸のようにつながり、それはまるで必然だったのだと思わざるを得ません。



女性特有の疾患に至るまでに、わたしが伝えるべきこと。


誰かのため、何かのために懸命な多くの女性を、いかにケアするかということ。



ここに、わたしのこれから為すべきことが集約されています。



すべての女性が自分を取り戻し、

再生する場所。



そんなサロンであり続けたい。



わたしはいつでもここにいます。



【PROFILE】

2006年 日本リフレクソロジー協会 プロフェッショナル・リフレクソロジスト・ライセンス取得

2007年 日本リフレクソロジー協会 プロフェッショナル・ピュリファイ・セラピストライセンス取得             

2016年 看護師免許取得

2021年 MOTHER AYURVEDA LEADER修了

2020年より、Ayurveda KILALA  Reborn日下部康子氏に師事。

2021年 アーユルヴェーダアドバンス講座、アビヤンガ、シロダーラー講座修了